言葉の使い方や意味などを深掘りしてご紹介いたします!

贈る言葉情報館

漢字

「悠」と「遥」の違い!意味と成り立ち含め徹底解説するよ!

投稿日:

 
漢字の「悠」と「遥」。
 
 
全く違う漢字のようで…。

実は共通点があります。
 
 
それは、どちらも読み方が「『はるか』である」ということ。

しかも、どちらも「名前」に頻繁に使われる漢字です。
 
 
ところでこの「悠」と「遥」、名前として使う場合はどちらを採用すべきか…。
 
 
 
ということで、調べてみました!

本記事では、漢字の「悠」と「遥」の意味や成り立ちについて、わかりやすく解説していきます。

名付けのポイントも解説しましたので、ご期待ください!
 

スポンサードリンク

 

1.「悠」と「遥」の違い!意味と漢字の成り立ち!

最初は、辞書に載っている意味と漢字の成り立ちを説明します。
 

①「悠」の意味と漢字の成り立ち!

「悠」の辞書の意味は以下のとおり。
 

【悠(ユウ・とおい・はるか)】

①とおい。はるか。「悠遠・悠久」

②ゆったりしている。「悠悠・悠然」

引用元:旺文社国語辞典

 
「とおい」「はるか」「ゆったりしている」の、大きく2種類の意味があります。
 
 
ちなみに、「悠遠」は「はるかに遠い」という意味で、「悠久」は「果てしなく長く続く」という意味。

そして、「悠悠」は「ゆったりとおちついたさま」という意味で、「悠然」は「物事に動ぜず、ゆったりと落ち着いたさま」という意味です。
 
 
 
次に、漢字「悠」の成り立ちを説明しますね。
 
 
「悠」の左端に「にんべん」がありますが、それが「人」を表しています。

その「にんべん」の右横の「縦棒」「水」で、右端の「又」に似た部分は「人の手」
 
 
そして、一番下の「心」が、そのまま「人の心」のこと。

まとめると、「人が水で体を洗って清めて、心を落ち着かせる」ということです。
 
 
そこから、「ゆったりしている」という意味で使われるようになりました。

そして、この「ゆったり」から、「とおい」や「はるか」という意味も加わったのですね。
 
ゆったり
 

②「遥」の意味と漢字の成り立ち!

続いて、「遥」です。
 

【遥(ヨウ・はるか)】

①はるか。はるかに。遠い。距離・年月が遠くへだたる。「遥拝」

②さまよう。気ままに歩きまわる。「逍遥」

引用元:旺文社国語辞典

 
意味①は「はるか」「遠い」で、「悠」と意味が同じ。

ちなみに、「遥拝」は「遠くから拝む」ことです。

意味②は「さまよう」で、熟語の「逍遥」は「気ままにあちこちを歩き回る」という意味。
 
 
 
そして、漢字「遥」の成り立ちですが…。

「遥」の「しんにょう」「立ち止まる」「進む」という意味があります。
 
 
「進」「通」「道」「逃」などが「しんにょう」なのは、そういった意味から。
 
 
この「遥」の「しんにょう」は、「十字路の中心で立ち止まっている」ことを表しています。

「遥」の右上の「爪」に似た部分は「肉」で、その下の「缶」の部分は「酒などを入れる土器」のこと。
 
 
「十字路の中心で立ち止まっている」「肉」「酒などを入れる土器」で、「神に対し肉をお供えして歌う」ということを表しています。
 
 
ここから、おそらく「お供えし、永遠の幸せを願う」ということで、「はるか」「遠い」という意味で使われるようになったのではないでしょうか…。
 
 
ところで、「遥」は「揺れる(ゆれる)」の「揺」とは異なる漢字なのですが…。

「遥」が「揺」と同じ意味として使われるようになり、「さまよう」という意味が後から加わりました
 

③「悠」と「遥」の違い!

「悠」と「遥」の違いをまとめると…。

「はるか」「遠い」という部分は、「悠」「遥」共通の意味です。
 
 
ですが、「悠」は「ゆったりしている」という意味に対し…。

「遥」には、「さまよう」という意味がありますが、この部分が最大の違いです。
 
 
ただし、「さまよう」という意味は「遥」の持つ本来の意味ではなく、「揺」の「ゆれる」という意味が後から加わったということも覚えておいてください。
 

スポンサードリンク

 

2.「悠」と「遥」の名付けのポイント!

最後は、「悠」と「遥」の名付けのポイントをお伝えします。
 

①「悠」の名付けのポイント!

「悠」は、「人が水で体を洗って清めて、心を落ち着かせる」ということが成り立ちです。

そこから、「常に、ゆったりと心を落ち着かせて対応する人間」「大らかな人間」という願いが込められのではないでしょうか。
 
 
それから、もう一つの意味である「遠い」「はるか」から…。

「スケールの大きい人」「壮大な」「はるか遠い先まで幸せに」という願いも込められます。
 
 
 
名付けにあたっては、「ゆう」「はるか」という読みが使いやすいのではないでしょうか。
 
 
具体的には、男の子であれば「悠真(ゆうま)」「悠人(ゆうと)」「悠(ゆう)」が上位人気です。

女の子では、「悠(はるか)」「麻悠(まゆ)」「悠(ゆう)」「悠里(ゆうり)」などが上位人気。
 
 
参考にしてください。
 

スポンサードリンク

 

②「遥」の名付けのポイント!

「遥」は、「悠」と同じ「遠い」「はるか」という意味があります。

したがって、「悠」と同じように「スケールの大きい人」「壮大な」「はるか遠い先まで幸せに」という願いが込められるのではないでしょうか。
 
 
それから、「遥」には「さまよう」という意味があります。

あんまり良い印象を受けない方もいるかもしれませんが…この意味は後から「揺」の「ゆれる」という意味が加わったものですので…。

切り捨てて考えても良いと思います。
 
 
 
「遥」の読み方は「よう」「はるか」ですので、名前には使いやすいですね。
 
 
男の子では、「遥大(ようた・はるた・ようだい)」「遥翔(はると)」「遥斗(はると)」が上位人気。

女の子では、「心遥(こはる)」「遥(はるか)」「遥香(はるか)」が人気です。
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が、漢字の「悠」と「遥」の意味の成り立ちについてでした。
 
 
「悠」と「遥」は、どちらも「はるか」「遠い」という意味。

この意味から、名付けには「スケールの大きい人」「壮大な」「はるか遠い先まで幸せに」という願いが込められます。
 
 
ただし、「悠」は「ゆったりしている」という意味に対し…「遥」は「さまよう」という意味が…。

この部分が違いですね。
 
 
「悠」の「ゆったりしている」という意味については、「常に、ゆったりと心を落ち着かせて対応する人間」や「大らかな人間」という願いが込められます。

「遥」の「さまよう」は、無視で良いのではないでしょうか。

関連記事と広告

-漢字

Copyright© 贈る言葉情報館 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.