言葉の使い方や意味などを深掘りしてご紹介いたします!

贈る言葉情報館

漢字

「祥」の旧字は変換できる?「示」のパソコンへの出し方!

更新日:

 
漢字の「祥」。

「吉祥寺」「発祥」といった使い方をする、「さいわい」「めでたい」「きざし」という意味の漢字。
 
 
でも、時々この「祥」の「しめすへん」が違った漢字を目にします。

それが下の「祥」。

祥

「しめすへん」が「ネ」の形から「示」になっています。
 
 
上の漢字は、実は「祥」の旧字。

しかも「示」も「ネ」も、どちらも同じ「しめすへん」なのです。
 
 
旧字が使われることはどうしようもないことなのですが…。

問題は、パソコンなどで変換してもなかなか出てこないということ…。
 
 
 
ということで、こういった漢字の出し方を徹底的に調べてみました。

本記事では、「祥」の旧字をパソコンに表示させる方法について、わかりやすく解説していきます。

かなり深掘りしましたので、ご期待ください!
 

スポンサードリンク

 

1.「祥」の旧字の出し方!

旧字の「祥」をパソコンに表示させるには、主に4つの方法があります。

それでは、それぞれの方法を詳しく説明していきますね。
 

①「祥」の旧字は変換できる?

旧字の「祥」なのですが、実はパソコンによっては変換だけで表示されることがあります。
 
 
まずは、「しょう」という読み方で変換を試してみてください。

ただし、「しょう」だと候補の漢字が多すぎて、かなり変換ボタンを押し続けなくてはいけません。

根気強く押し続けることで、後半の方に「祥」の旧字が現われます。
 
 
 
もし、候補の漢字が出尽くしても「祥」の旧字が出てこなかった場合は、最後尾の「単漢字…」という部分を左クリックしてください。

「単漢字…」を左クリックすることで、候補がさらに広がって「祥」の旧字が出てくることがあります。
 

②「祥」の旧字はフォント変更で!

「祥」の旧字は、フォントの変更で表示させることができます。
 
 
正字の「祥」を、以下のフォントに変更してみてください。

「Batang」

「Malgun Gothic」
 
 
フォントの収録数が少ない、私のパソコンでは上の2種類のフォントが旧字の「祥」になりました。

もしかすると、旧字になるフォントはもっとあるかもしれません。

パソコン
 

③「祥」の旧字は文字コードで!

パソコンで使われる漢字には、それぞれに「文字コード」というものがついているのですが…。

この「文字コード」を使うことで、「祥」の旧字を表示させることができます
 
 
そして、「祥」の旧字の文字コードが「FA1A」

アルファベットは、小文字で「fa1a」と打っても大丈夫です。
 
 
 
文字コードの使い方を説明します。

ワードやエクセルなどで「FA1A」と打ち込み、そのままキーボードの「F5」を押すだけ

これで、「祥」の旧字が候補として表示されます。
 
 
ただし、「FA1A」の後に「エンター」を押してはいけません。

「FA1A」と打ってから、変換可能な状態を維持したまま「F5」を押してください。
 
 
ですから、変換不可能となる「直接入力」で打ってはいけません。

変換できるように、「全角英数」か「半角英数」などの設定で打ちましょう。
 
 
また、ローマ字変換に設定している場合は、「全角ひらがな」など日本語入力でも大丈夫です。

たとえば、「全角ひらがな」で「FA1A」と打つと「ふぁ1あ」と表示されますが、そのまま「F5」を押せば「祥」の旧字が表示されますよ。
 

スポンサードリンク

 

④「祥」の旧字はIMEパッド手書きで!

「祥」の旧字は、「IMEパッド手書き」を使うことで表示させることができます
 
 
それでは、操作手順を説明しますね。

ワードやエクセルなどを開くことで、パソコンのタスクバーに「あ」「A」といったアイコンが出てきますが…。

その、「あ」「A」のアイコンを右クリックしてください。
 
IMEパッド手書き
 
右クリックすることで上のメニューが出ますので、この中の「IMEパッド」を左クリックしましょう。

左クリックで、下のウインドウが表示されます。
 
IMEパッド手書き
 
このウインドウの左の空欄に、旧字ではない方の「祥」をマウスで書いてください。

書く時は、マウスを正しい書き順で動かします。

書き終えると、その右の欄に旧字ではない方の「祥」が出てきますので、その字を右クリックしましょう。
 
IMEパッド手書き
 
右クリックでさらに上のメニューが出ますので、その中の「異体字の挿入」を左クリックします。

左クリックすると、その右側に旧字体の「祥」が表示されますので、その字を左クリックしてください。
 
 
これで、ワードやエクセルなどに「祥」の旧字が表示されます。

うまくいったら、「IMEパッド手書き」の右上の「×」を左クリックして消しましょう。
 

スポンサードリンク

 

2.「祥」の旧字の出し方を効率化!

旧字の「祥」は変換できるとしても、候補が多すぎて時間がかかります…。
 
 
フォント変更も、使える字体は限定されるし…。

「文字コード」や「IMEパッド手書き」も、結構面倒ですよね…。
 
 
ということで、旧字の「祥」を一度表示させたら、その字を「単語登録」することをおすすめします。

登録作業は必要ですが、一度登録さえしてしまえば、それ以降は一発変換で旧字が出てきますよ
 
 
 
それでは、単語登録の手順を説明します。

ワードやエクセルなどを開くことで、パソコンのタスクバーに「あ」「A」といったアイコンが出てきますが…。

その、「あ」「A」のアイコンを右クリックしてください。
 
単語登録
 
右クリックすることで上のメニューが出ますので、この中の「単語の登録」を左クリックしましょう。

左クリックで、下のウインドウが表示されます。
 
単語登録
 
このウインドウの、「単語」の欄に一度表示させた「祥」の旧字を貼り付けます。
 
 
次に、その下の「よみ」の欄に「読み方」を打ってください。

読み方は「しょう」と打つのが無難だと思いますが、「し」でも何でも大丈夫です。
 
 
最後は、一番下の「登録」を左クリックして終了。

ウインドウは、「閉じる」を左クリックして消しましょう。
 
 
 
これで登録作業は終了ですが、一応うまくいっているか確認してください。

「よみ」に入れた言葉で変換して、「祥」の旧字が上位候補になっていれば成功です。
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が、「祥」の旧字をパソコンに表示させる方法についてでした。
 
 
「祥」の旧字は、「①変換」「②フォント変更」「③文字コード」「④IMEパッド手書き」といった方法で表示させることができます。

それぞれお試しください。
 
 
それから、一度表示させた「祥」の旧字を「単語登録」することで、それ以降は一発変換で出てきますよ。

この単語登録は、旧字以外でも、よく使う同じ文章にも活用できます。
 

ところで、漢字について説明させていただきましたが…。

「漢字」といえば、普段は平仮名やカタカナで表現する言葉でも、実は漢字があるものがありますよ!
 
 
よかったら、下の記事も覗いてみてください。

「サラダ」を漢字表記にすると?無いようで実はありますよ!

「トマト」を漢字で書くと?表記を由来も含め解説するよ!

「ピーマン」を漢字で書くと?表記を由来も含め解説するよ!

「わかめ」を漢字で書くと?由来も含めて詳しく解説するよ!

「ひじき」を漢字ではどう書く?由来含め詳しく解説するよ!

ぜひ、どうぞ。

 

関連記事と広告

-漢字

Copyright© 贈る言葉情報館 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.