言葉の使い方や意味などを深掘りしてご紹介いたします!

贈る言葉情報館

「慣用句」 一覧

大地震

「未曾有」の例文!簡単な短文でわかりやすく紹介するよ!

2021/02/26   -慣用句

  慣用句である「未曾有」。 「みぞう」と読みますが、「みぞうう」と読んでも間違いではありません。     「いまだかつてなかったこと。ひじょうにめずらしいこと」という意 ...

持ち上げ

「造作もない」の例文!簡単な短文でわかりやすく紹介するよ!

2021/02/22   -慣用句

  慣用句である「造作もない」。 読み方は、「ぞうさもない」。     また、「造作もない」は「造作無(ぞうさない)」と書く場合もあります。 意味は、「たやすい。容易であ ...

トレンド

「耳目を集める」の例文!簡単な短文でわかりやすく紹介!

2021/02/20   -慣用句

  慣用句である「耳目を集める」。 読み方は、「じもくをあつめる」です。     意味は、「人々の注目を集める」「多くの人の注意を引きつける」ということ。   ...

勘違い

「語弊がある」の例文!簡単な短文でわかりやすく紹介するよ!

2021/01/24   -慣用句

  慣用句である「語弊がある」。     「言葉の使い方が適切でないために誤解を招きやすい言い方」ということ。 つまりは、「誤解や弊害を招く表現」という意味です。 &nb ...

泣く

「身にしみる」の例文!簡単な短文でわかりやすく紹介するよ!

2021/01/23   -慣用句

  慣用句である「身にしみる」。     「しみじみと深く感じる」ということ。 また、その他に「秋の冷気が強く感じられる」という意味もあります。   &nbsp ...

勉強

「精を出す」の例文!簡単な短文でわかりやすく紹介するよ!

2021/01/10   -慣用句

  慣用句である「精を出す」。     「精いっぱいを、表に出す」ということ。 つまりは、「精いっぱい働く」「一所懸命に励む」という意味です。     ...

とぼける

「視線を宙に泳がせる」の例文!簡単な短文で紹介するよ!

2021/01/06   -慣用句

  慣用句である「視線を宙に泳がせる」。     「視線を上に向けて、あちこちに動かす」ということ。 つまりは、「返答に困った時や気まずい時などに、目をあちこちにそらす」 ...

見下す

「たかをくくる」の例文!簡単な短文でわかりやすく紹介!

2021/01/04   -慣用句

  慣用句である「たかをくくる」。 漢字では「高を括る」と書きます。     意味は、「その程度だろうと予測する」ということ。 つまりは、「たいしたことはないと見くびる」 ...

目を覆う

慣用句「目に余る」の例文!簡単な短文でわかりやすく紹介!

2020/12/08   -慣用句

  慣用句である「目に余る」。     「あまりにも程度がひどすぎて、黙って見ていることができない」という意味。 また、その他に「あまりにも数が多すぎて、一度に見渡すこと ...

ビックリ

慣用句「目を丸くする」の例文!簡単な短文で紹介するよ!

2020/12/07   -慣用句

  慣用句である「目を丸くする」。     「目を大きく丸く見開く」ということ。 つまりは、「驚いて、目を大きく見開く」という意味です。     &n ...

Copyright© 贈る言葉情報館 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.